空之巻

二刀一流の兵法の道空の卷として書顯すこと

空と云は物毎に形なき所、知れざる事を空と見立るなり、勿論空は空にして無なり、有る所を知りて無き所を知る、是空なり、世の中に於て惡敷く見れば、物を辨へざる處を空と見る處實の空にあらず、皆迷う心なり、此兵法の道に於ても武士として道を行うに士の法を知らざる空にはあらず、色々迷ひ有て詮方なき處を空と云なれども、是實の空にはあらざるなり、武士は兵法の道を慥かに覺え、其外武藝を能く覺え武士の行ふ道にも暗からず、心の迷ふ所なく、朝々時時に怠らず、心意二つの心を研き、觀見二つの眼を磨き、少しも曇り無く迷ひの空の晴たる所是れ實の空と知るべきなり、實の道を知らざる間は佛法によらず世法によらず、己れゝゝは慥か成る道と思ひ善き事と思へ共、心の直道よりして世の大がねに合せて見る時は其身其身の心贔負、其目ゝゝのひずみによる、實の道には背く物なり、其心を知て直に成る所を本とし、實の心を道として兵法を廣く行ひ、正敷明に大き成る所を思ひ取て、空を道とし道を空と見る所也


空有善無惡 智者有也 理者有也 道者有也 心者空也


  正保二年五月十二日

     新免武藏守玄信


地之巻
水之巻
火之巻
風之巻
空之巻